教育に役立つ旅行の実施

教育現場では修学旅行や林間学校などのように生徒たちを旅行に行かせる機会を設けるのが一般的です。ただ観光を楽しませて、日頃は勉強に追われている状況から息抜きをさせるというのが目的ではありません。あくまで教育課程の中で行っているものであり、教育に役立つからこそ実施しています。クラスや学年でまとまって行動し、寝泊まりも一緒に行うことで共同生活を経験させられるのが重要な点です。互いの理解を促進すると共に、相手を思いやる気持ちなどを身につけることができます。集団行動を行う上で欠かせない社交性を身につけるための機会として活用されているのが実情です。しかし、教育に携わる人はただそれだけに執着して計画しないようにしましょう。

目標を達成させることがさらに重要

教育現場における旅行は集団行動を学ばせるためのものであるという認識をしている人が多いものの、もう一つの側面を強調して計画を立てることも重要になります。班行動などを行わせて生徒たちに主体的に活動させるのが旅行で一般的なことです。これによって自分から行動を起こして達成させるという経験を積ませ、自主的な行動力を高めることができます。その点に着目して計画を立てるのが重要なのです。旅行期間中の行動計画の中で目標を立てさせ、それを達成させるという考え方が大切になります。林間学校では班行動で班ごとの行き先を決めさせ、そこに到達した達成感を味合わせると良いでしょう。このような仕掛けをすることが教育者にとって欠かせません。