海外の朝食を楽しんでみよう

日本の定番の朝食といえば、白ご飯に納豆、焼鮭。洋食ならトーストと目玉焼きではないでしょうか。海外旅行先では現地スタイルの朝食を楽しんでみるのも面白いですよね。 アメリカの朝食の定番は、パンケーキやワッフルです。専門店が朝早くからオープンしていて、出勤前のビジネスマンも利用しています。休みの日はカップルやファミリーでも賑わいます。パンケーキにたくさんのフルーツが乗っていたり、チョコレートがふんだんに使われていたりと、女性には大満足のメニューでしょう。最近ではエッグベネディクトも注目されていて、シンプルな卵・チーズ・マフィンでできたものから、チーズバーガーのようにパティが付きのエッグベネディクトまであります。

デザートメニューは何が好き?

海外のレストランで食事をしたあと、ウェイターの人がデザートメニューを持ってきてくれます。アイスクリームやチーズケーキ、タルトが定番です。コーヒーや紅茶と一緒にオーダーしましょう。 海外では1個のデザートのサイズが日本人の想像を超える大きさのこともあります。2人で1つのデザートをシェアするのでも十分でしょう。海外のケーキは砂糖が大量に使われているので、日本人には甘すぎると感じるかもしれません。生クリームも日本のようなホイップクリームではなく、海外はバタークリームです。食紅を使って、カラフルにデコレーションしています。キャラクターの顔にデザインされていて、写真を撮ればSNSでウケが良いかもしれませんよ。